子連れで行ける京都・長岡京市の産後骨盤矯正 | みやもと鍼灸整骨院

Blog

ブログ

弁護士費用特約なら交通事故のやり取りがとても簡単

miyamotosensei 2020年12月26日 

便利な弁護士費用特約

先日、妻が車を駐車しようとして、電柱に車を擦ってしまいました。
妻はこれまで交通事故やぶつけたことがなかったので、ひどく落ち込んでしまいました。

これは妻がうちの車をぶつけてしまった“自損事故”。
仕方ないなーと納得がいきますよね。

でも、赤信号で停車中、後ろから車が突っ込んできて自分の車が壊れてしまったら…。
しかも新車だとしたら…。

修理して事故前の状態に直してもらったとしても、“事故車”として車の査定価格は大幅に下がってしまいます。
仕方ないなーでは済まない気がしませんか…?

“交通事故被害者なのに車やバイクの修理代を支払わされていませんか?”の交通事故患者様のようにバイクの修理代を支払わされそうになる可能性だってあります。

こんなとき活躍してくれるのが交通事故に強い弁護士さん。

ですが、弁護士さんに頼むと

  • なんだかややこしくなりそう
  • 手続きが大変そう
  • 保険の等級が下がって保険料が上がりそう
  • 弁護士費用が高そう

などなどを気にする交通事故患者様が多くおられます。

でもそんなことはありません。

弁護士さんに頼めると心強い

ご自身の任意保険に『弁護士費用特約』というのは付いていませんか?

これは、弁護士さんや司法書士さん、行政書士さんへの報酬や訴訟に必要な費用を支払ってくれるものです。

交通事故の示談などは保険会社さんが基本的には代行してくれるのですが、代行してもらえない場合もあります。
例えば、被害者に過失がまったくない交通事故、10対0のような場合、被害者は自分の保険を使って示談交渉を行うことができません。

つまり、加害者側とのやり取りを自分でしなければならないのです。
交通事故を何百件も扱ってきた保険会社さんと、3~4ヵ月直接交渉することになるのです。
…僕ならやり遂げられる気がしない。誰かに頼みたくなる。

こんなとき、交通事故に強い弁護士さんが味方になってすべて交渉してくれたら、非常に心強くて安心できます。

安心の弁護士費用特約

交通事故患者様の多くが、弁護士さんにお願いするのにこんな不安を感じています。

  • なんだかややこしくなりそう
  • 手続きが大変そう
  • 保険の等級が下がって保険料が上がりそう
  • 弁護士費用が高そう

なんだかややこしくなりそう…

加害者側との交渉がスムーズにいけばいいのですが、ほとんどの場合スムーズにはいきません。
治療のことや慰謝料などの示談金のことなど、納得のいかないことがたくさんでてきます。

弁護士さんに頼んでいたほうが、最初から納得のいく交渉をおこなってくれるので、ややこしくなりにくいのです。

弁護士費用特約を使用する手続き

とってもカンタンです♪
(保険会社さんによって異なる可能性があります)

まずご自身の任意保険に弁護士費用特約が付いている場合、保険会社さんに弁護士費用特約を使いたいことを伝えます。
すると保険会社さんが交通事故に強い弁護士さんを紹介してくれます。
もしくは頼みたい弁護士さんがいるなら、その弁護士さんを指名することもできます。

弁護士さんから電話がかかってくるので、現状を伝えます。(もしくはこちらから電話します)

簡単な書類が送られてくるので記入して送り返すだけ。

あとは弁護士さんがすべてやってくれるので、加害者側の保険会社さんからあなたに電話がかかってくることも基本的にはありません。

保険料や弁護士費用は?

保険の等級が下がったり、翌年の保険料が上がることはありません。
弁護士費用もかかりません。

ただ、弁護士費用特約で負担してもらえるのは、300万円と設定されている任意保険が多いようです。

弁護士(裁判所)基準で交渉してくれる

弁護士さんにお願いするもうひとつのメリットとしては、示談金の交渉を裁判所基準(弁護士基準)でおこなってくれるところです。

“自賠責保険の示談金の3つの基準”でもお話ししていますが、損害賠償額の目安としては以下の3つの基準があります。

  • 自賠責保険基準…基準としてはもっとも低額です。
  • 任意保険基準…自賠責保険基準よりは高額ですが、裁判所基準よりは低額です。
  • 裁判所(弁護士)基準…通常は3つの基準の中で最も高額です。

冒頭の新車が『事故車』になってしまうケース。
車は事故前の形状に戻っても評価額は大幅に下がってしまったり、むち打ちの後遺症が残ってしまって事故前の生活を取り戻せないことだってあります。
いつもどおり赤信号で停車していただけなのに…。

保険会社さんの提示してくる示談金額は適切でないこともあります。
弁護士さんにお願いしていたほうが安心できますよね。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、弁護士費用特約などのおはなしもサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。
交通事故治療のページ

交通事故を起こしてしまったら、早朝7時から交通事故治療が受けられる京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。

交通事故被害者なのに車やバイクの修理代を支払わされていませんか?

miyamotosensei 2020年12月23日 

交通事故の被害者が修理代を支払う!?

交通事故の治療で通われている患者様。

バイク(原付)に乗車中、信号無視して突っ込んできた車に追突されました。
患者様の乗るバイクは右側を地面にこするように転がりました。
患者様もバイクから投げ出されて、右腰や首を強打し救急車で運ばれました。

頭痛や吐き気など、むち打ちの症状や腰痛が出たものの、幸いにも骨折などの大きなケガはありませんでした。

車を運転していた女性も“100対0”で自分が悪いと認めています。
事故の後も患者様に心配の電話をするくらい真面目な加害者さんでした。

“100対0”で慰謝料などの示談金の話もスムーズに進んでいきました。

ところがバイクの修理代に関して、相手の保険会社さんから予想外の請求が宣告されました。

「バイクの修理代が約20万円。○○様(患者様)の乗っておられたバイクの時価額は約6万円なので、差額の14万円はお支払いしていただかなくてはいけません」

対物賠償責任保険

任意保険『対物賠償責任保険』。
他人の財物に損害を与えてしまった場合に保証される保険のこと。
交通事故で他人の車や建物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の損害を保障します。
ただし時価までが保証額になります。
※時価…交通事故にあう直前のその車(バイク)を買い替えるのに要する金額。つまり中古市場での価格。

患者様が乗っていた原付は、3年前に新車で10万円でした。
購入してから3年が経過していることや走行距離、軽いキズなどのため、時価額は約6万円と算定されました。
今回の交通事故による修理代は約20万円でした。
差額の14万円は事故にあった患者様が支払わないといけないというのです。

それなら10万円で新車を買ってもらったほうが安いのですが、法律上それは不可能なようです。

対物超過修理費用特約(対物超過特約)

勝手にぶつけられてバイクを壊されて、むち打ちや腰痛を負わされて、生活を一変させられたのに、お金を支払わなくっちゃいけないんです。
納得いきませんよね。

患者様は保険会社さんに
「納得がいかないので、弁護士さんに相談します」
と言いました。

すると保険会社さんは手のひらを反すようにこう言いました。
「…実はですね、加害者様は対物超過修理費用特約(対物超過特約)というのに加入していまして…。修理代が時価を超えた場合、その修理代を補償してくれるものになるので、○○様(患者様)に負担はかからないのです」

保険会社さんは対物超過修理費用特約が適用されることを隠していました。
さっきまでは修理代の約14万円を支払えと言っていたのに、弁護士さんに相談するといったとたんに支払う必要はありませんと言ってきたのです。

不審に思った患者様は弁護士費用特約によって弁護士さんに相談することにしました。

このような保険会社さんは稀なのかも知れません。
しかし百戦錬磨の保険会社さんです。
交通事故の被害者側なのに泣き寝入りさせられてしまうこともあるかも知れません。

すべてをクリアーにして交渉していくためには弁護士さんに相談するのが最善なのかもしれませんね。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、ややこしい慰謝料などの保険もサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。

交通事故を起こしてしまったら、早朝7時から交通事故治療が受けられる京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院の交通事故施術におまかせください。

車にひかれる交通事故にあった僕がとった残念な行動…

miyamotosensei 2020年12月23日 

交通事故にあったとき、適切な行動が取れますか?

もしあなたが交通事故にあったことがあるなら、僕の行動を鼻で笑ってください。
でももしあなたがまだ交通事故にあったことがなければ、僕のような行動をとってしまうかもしれませんよ。

僕の身体がボンネットに乗り上げたとき

上の画像を日本の道路だとします。
車に乗車中のあなたは一旦停止で止まっていて、左に曲がりたいとする。

右側から左側へ走る車に注意して、割り込めそうなタイミングでブレーキペダルから足を離して、アクセルを徐々に踏みながらハンドルを左に切って、左へ曲がりますよね。
でもその前に、左側から歩行者や自転車が来ていないか確認はしているはず。

この左側の確認を怠ると、僕のような被害者が生まれるかも知れません。

「前に一旦停止で止まっている車がある。運転席はおじさん。助手席には奥さんらしき女性も座ってるし、こっちの存在には気づいているやろ」

自転車に乗っていた僕はそう思って、おじさんの車の前を横切ろうとしました。

左折しようと右側の車ばかり見ている運転席のおじさんは、左側から来る僕の自転車には気づいていなかったのです。
助手席のおばさんも。

どうやら僕の存在に気付いたのは、おじさんの車のボンネットに僕の右半身が乗り上げたときでした。

ぶつかったのは、幸いにもブレーキペダルを離して進み始めた瞬間。
もしも無茶な急発進をする運転手だったら僕はどうなっていたことやら。。。

僕は車のボンネットに右肘と、右の太ももをぶつけました。
ハンドルを握っていた右手首がねじられる軽い手首の捻挫も起こしました。

「この程度のけがは全く問題ない。ぶつかったというより、押された感覚やし痛みが長引くことはない」

えらいもんで、整骨院という仕事のおかげか、痛みが長引くかどうかは瞬時に判断できました。

「ケガは大丈夫ですけど、気をつけてくださいね」
そう言い残して僕はその場を去っていきました。

僕の愛車(自転車)ミヤモトルノー号にちょっとした問題が起きていることを知らずに。

交通事故にあったときの僕の残念な行動

その場を去る走り始めは、右肘と太ももが少し気になっていました。
でもカーブを曲がる瞬間、いつもより右に傾くミヤモトルノー号。

先ほどの交通事故で自転車がかるーく損傷していたのです。

走ることに問題はありません。
相変わらずとても快適です。

でもカーブを曲がるときに少しだけ右に傾くようになってしまいました。

「ちっくしょーーー!!!」

去年12月に購入したばかりです。
4日前の日曜日にも洗車してあげたところです。

交通事故にあったときに僕がとった残念な行動は、なにもしないでその場を立ち去ったこと。
相手の連絡先などがわからないので、壊れた自転車の修理代は誰にも請求できません。

「どんな小さな交通事故でも、相手のナンバーと免許証と交通事故現場の写真はスマホででも撮るようにしましょう」

って、ブログにも書いて、院内で患者様にも説明しているのに。
交通事故の当事者になるとこんなもんなんですね。

少なくとも相手の免許証、連絡先、車のナンバー、事故現場の写真はスマホで撮っておきましょう。
そして必ず警察に連絡です。
今回の僕のように、朝の通勤で時間がないとしても、ここまではおこないましょう!

だって事故によって、いつも乗っていた自転車が壊れるんですもの。(僕の場合)
泣き寝入りです。。。

※通勤途中の交通事故は“労災”になる可能性があります。
※京都府では自転車保険への加入が4月から義務になります。“2018年4月から京都でも自転車保険が義務化されました

交通事故にあうとこれまでの生活とは変わってしまいます。
みやもと鍼灸整骨院では早朝7時から交通事故治療で通院できます。
交通事故前の生活を取り戻すための治療や、ややこしい慰謝料や保険のサポートなどを、京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院で受けることができます。
詳しくは“みやもと鍼灸整骨院の交通事故のページ”をご確認ください。

2018年4月から京都でも自転車保険が義務化されました

miyamotosensei 2020年12月23日 

京都でも自転車保険が義務化されました

向日市ではこのような自転車専用道路が整備され始めています。

向日市道森本上植野幹線の自転車専用通行帯整備に関するお知らせ
(写真は向日市体育館前)

このような道路が増えると自転車事故ももっと減ることでしょう。
今後の京都や長岡京市、向日市の施策に期待しましょう。

自転車事故件数は減っているけど…

2018年2月15日、警察庁によって「平成29年における交通事故の発生状況」が発表されました。

2017年の交通事故全体の発生件数は47万2165件(前年比-5.4%)。
死者数は3694人(前年比-5.4%)とのこと。

交通事故全体の発生件数も、自転車事故件数も減少しています。
ただ、交通事故全体に占める自転車事故件数は増加傾向にありました。

交通事故件数の減少は、自動車を開発する側の企業努力や、マイカーを持たない家庭が増えていることなどが影響していると考えられます。

しかし自転車は免許が必要ないので乗車人口に大幅な変更がなかったり、スマホ片手に自転車に乗る人も増えていることなどが、自転車事故件数の劇的な減少にはつながっていないと思われます。

自転車保険加入義務

自転車も『軽車両』として、道路交通法の規制を受けます。
交通事故にあうと警察に通報する義務があります。
損害賠償や慰謝料などの責任を問われることだってあります。

自転車には子供の頃から乗っているので、そんなの調べたことも意識したことも教わったこともありませんよね。。。

しかし京都府では2018年4月から、そんなあまっちょろいこと言ってられなくなりました。

自転車保険の加入が義務にりました。
京都市内でも京都府内でも、自転車に乗る人はすべて対象になります。
もちろんここ長岡京市や向日市もです。
京都府外から京都府内に自転車で乗り入れる人も、自転車保険に加入していなくてはいけません。

小さな子供から高齢者まで、年齢も関係ありません。

以前、こんな自転車事故がありました。
小学5年生が運転する自転車が歩行中の62歳の女性とぶつかり、女性は意識不明となりました。
9,520万円の賠償金を課せられました。

「うちの子はまだ子供なので許してあげてください」
では通用しないのです。

こうした事態の影響か、兵庫県では全国で初めて自転車保険の加入が条例で義務化され、2015年4月に施行されました。
未成年者の場合は保護者が、仕事で使用する場合は企業が加入するよう義務づけられました。

自動車保険や火災保険、傷害保険に特約として自転車保険を付けることができます。
または共済や各種団体の保険などでも自転車保険がついているケースもあります。

そういった保険に加入されていない方は、自転車損害賠償保険へ加入する必要があります。

詳しくは京都府のホームページ“自転車保険加入が義務になります”や、“京都市サイクルサイト”をタップしてご確認ください。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。
詳しくは“交通事故施術のページ”をタップしてご確認ください。

交通事故被害者の損害拡大防止義務

miyamotosensei 2020年12月23日 

交通事故で仕事を休めますか?

僕のような自営業者にも休業補償は出してもらえるというお話は“交通事故によって働けなかったときの休業損害”でしました。
サラリーマンの方も主婦の方にも支給されるお話しです。

でもね、そんな簡単に休めませんよね。。。
もし交通事故にあったとしても、無理をしてでも仕事をする方は多いと思います。
そのために治療が長引いてしまっても、保険会社さんは治療費や慰謝料を出してくれるのでしょうか?

無理をしたために治療が長引いてしまったら…??

「忙しくて治療に通う時間が取れない」
という被害者はたくさんおられます。
むちうちでしんどいし全身痛くても、生活していくためには仕事しなくちゃいけませんもんね。

仕事などで動き回ることで、通常であれば2~3ヵ月で完治するものが、6ヵ月や1年も治療をすることになった。
この場合、加害者は長引いた治療のために損害を賠償しなければならないのでしょうか?

実は被害者にも損害の拡大を防止する義務があります

交通事故被害者の損害拡大防止義務

交通事故などによる被害者にも、損害賠償制度の公平な負担の原則から、損害の拡大を防止する義務があると考えられています。
この義務に違反して拡大した損害に対しては、加害者は責任を負う義務はないとされています。

治療を怠ったために、どの程度治療が長引いたかを判断することはとても難しい問題です。
そのためには、お医者さんの意見によって判断することが必要となります。

交通事故の被害者側だからといって、ケガが治るまで補償されるわけではなく、被害者もケガを治すように努める必要があるわけですね。
交通事故にあうとそれまでの生活とは変わってしまいます。

交通事故前の生活を取り戻すための治療や、ややこしい慰謝料や保険のサポートなどを、京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院で受けることができます。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。
詳しくは“早朝7時から通院できるみやもと鍼灸整骨院の交通事故施術”をタップしてご確認ください。

交通事故によって働けなかったときの休業損害

miyamotosensei 2020年12月23日 

休業損害で交通事故後の生活も安心

考えなくてもいいのに考えてしまって気分が沈んでしまうことがたまにあります。。。

「もしも交通事故にあって右手を骨折したらご飯食べていけへんよな…」と。

右手が使えなくなると、施術も鍼灸もできなくなってしまう。
自営業なので誰にもご飯を食べさせてもらえない。
家族に迷惑をかける。

終わりだーッ!!!

ってな具合です。。。

自営業でなくても、仕事に影響が出てしまいます。
主婦も家の仕事ができなくなってしまって家族に迷惑がかかり、働きに出ているご主人の仕事にも影響が出ます。

困りますよね。。。

でも大丈夫。
交通事故によって入院や通院し、仕事を休まざるをえなくなった場合は『休業損害』で補われます。
働いていれば得られたはずのお金を補償してくれるのです。

休業損害の算出方法

休業損害の金額は、自賠責保険か任意保険かによって異なります。
(基準について詳しくは“自賠責保険の示談金の3つの基準”をご確認ください)

自賠責保険の日額は、基本的に「5,700円 × 休業日数」。

任意保険の場合、「交通事故前3ヵ月のお給料の合計額 ÷ 90日 × 休業日数」または、「交通事故前1年間のお給料の合計 ÷ 365日 × 休業日数」で算出します。
それらの金額が1日5,700円よりも高い場合、支払いが認められることになります。

会社員やフリーターなどの給与所得者は、この方法で算出します。

主婦のための休業損害

主婦のみなさんの場合、お給料をもらっているわけではありません。

しかし家事労働者として評価されます。
専業主婦の方が、交通事故によって腕を骨折したら家事ができなくなります。
「家事ができない」という損害が発生しているので、サラリーマンの方が仕事を休んだのと同じように、休業損害が発生するとされています。

自賠責保険基準では1日5,700円。
裁判所基準では、「全女性の平均賃金 ÷ 365日 × 休業日数」で計算されます。
平均賃金は、厚生労働省の「賃金センサス」という統計から算出されます。

ただし弁護士が交渉に入らない場合は、1日5,700円で計算されることがほとんどです。

自営業などの事業所得者の休業損害

僕のような自営業の場合。
「(交通事故にあった前年度の確定申告所得額 + 固定経費) ÷ 365日 × 休業日数」で算出します。
確定申告をしていない場合は、「賃金センサスの平均賃金 ÷ 365日 × 休業日数」で算定します。

ただし、休業期間中の客離れによる「会社利益の減収分」については、休業前後の収益の差額を立証する必要があるので、請求するのはとても難しくなります。

学生や無職の場合

学生さんは、原則として休業損害は認められません。
でもアルバイトをしているのに働けなくなったり、交通事故が原因で留年したり就職が遅れるなど。
そんな具体的な影響が出てしまったら休業損害が認められます。

無職の場合でも、交通事故発生時に仕事が決まっていたが交通事故によって就業開始が遅れたら、休業損害を請求できます。
ただし、就職が決まっていない無職の場合は請求できません。

休業損害のポイント

休業損害は、任意保険会社さんとの示談交渉で争点となりやすい項目のひとつです。
特に休業日数がカギを握ります。

任意保険会社さんは、仕事を休んだ日すべてを休業損害にカウントしてくれません。
欠勤や遅刻をした日数のうち、けがの程度や治療の過程、仕事内容などを考慮して休業日数を決めています。
これが任意保険会社さんと被害者との意見の食い違いを発生させてしまいます。

もし、休業日数が少なく算出されているのであれば、仕事を休まないといけなかった理由を詳細に説明する必要があります。
お医者さんに自分の具体的な仕事内容を伝えて、仕事を休まざるをえなかった理由を理解してもらい、「診断書」を発行してもらいます。
そのほうが任意保険会社さんへの説明がしやすくなります。

交通事故にあっても生活をある程度は補償してくれる『休業損害』。
けど、、、交通事故にあわないに越したことはありませんよね。

もし交通事故にあったら…早朝7時から交通事故治療が受けられるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、ややこしい慰謝料などの保険もサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。

交通事故を起こしてしまったら、京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。
みやもと鍼灸整骨院の交通事故治療

交通事故の入通院慰謝料とは?

miyamotosensei 2020年12月21日 

交通事故による『慰謝料』とは?

慰謝料とは、「交通事故などの他人の不法行為によって被った精神的苦痛を緩和・除去するための金銭的補償」のこと。
交通事故によって、不自由な思いや不安などの精神的苦痛に対して支払われる賠償金になります。

交通事故の慰謝料には次の2つがあります。

  • 入通院慰謝料…事故発生から症状固定までに対して支払われる傷害慰謝料
  • 後遺障害慰謝料…治療を続けた結果、後遺障害が残ったことに対する後遺症慰謝料

今日は入通院慰謝料についておはなしします。

慰謝料の金額を決める3つの基準

金額の算定方法は以下の3つがあります。

  • 自賠責保険基準…もっとも低額
  • 任意保険基準…自賠責保険基準よりは高額ですが、裁判所基準よりは低額
  • 裁判所基準(弁護士基準)…もっとも高額

いったいどの基準が使われるのか気になりますよね。

加害者の任意保険会社さんは、自賠責保険基準か任意保険会社基準で算出した示談金を提示してくることがほとんどです。
多くの場合、その金額は裁判所基準とは明らかな開きがあります。
納得いかないようなら、実際の入院期間や通院期間をもとに裁判所基準での慰謝料を計算し、その金額の支払いを認めるように主張していきます。
(基準について詳しくは“自賠責保険の示談金の3つの基準”をご確認ください)

入通院慰謝料の計算方法

入通院慰謝料の金額は、入院と通院の期間によって決まります。
また、ケガの部位や程度などによって増額となる場合もあります。

自賠責保険基準

治療日数1日につき4,200円が支払われます。
対象となる日数は、実治療日数×2で算出される日数か、治療期間の日数の少ないほうを採用します。
※実治療日数は、実際に治療のために病院や整骨院などに通院した日数のこと。治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数のこと。

たとえば、整形外科などの病院でむちうち症と診断され、みやもと鍼灸整骨院へ通院した場合。
治療期間が100日、実治療日数が39日として計算してみます。
実治療日数39日×2=78日のほうが、治療期間の100日よりも少なくなります。
結果、4,200円×78日=327,600円という計算になります。

任意保険基準

任意保険基準では、保険会社ごとに算出の基準や金額は異なります。

裁判所基準・弁護士基準

以下の入通院慰謝料算定表を用いて、傷害慰謝料を算定します。
1ヶ月単位(30日扱い)の基準値が示されており、端数は日割り計算になります。

原則は別表1

たとえば、1ヵ月間入院したあと、3ヵ月間通院したとすると、入通院慰謝料は115万円になります。
(入院・1月と通院・3月が交差するところ)

しかし実際には1ヵ月単位でキレイに納まることは少ないため、日割り計算をすることが多くなります。
たとえば、通院日数が170日だった場合。
170日=5ヵ月と20日。(1ヵ月は30日扱い)
通院5ヵ月の慰謝料は105万円です。
残り20日は、通院6ヵ月の慰謝料116万円から、通院5ヵ月の慰謝料105万円を引きます。
1,160,000円-1,050,000円=110,000円。
この11万円を日割りで計算します。
110,000円÷30日×20日=73,333円。
結果、1,050,000円+73,333円=1,123,333円ということになります。
※あくまで一例で、すべてにあてはまるわけではありません。ケースによっては特殊な計算方法が必要となることがあります。

むちうち症なら別表2

こちらの別表2は、むちうち症で他覚初見がない場合に用います。
※他覚所見…症状を裏付けるMRIなどの画像所見がない場合など。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、ややこしい慰謝料などの保険もサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

交通事故を起こしてしまったら、早朝7時から交通事故治療が受けられる京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。
早朝7時から通院できるみやもと鍼灸整骨院の交通事故施術

自賠責保険の治療費に含まれるものは?

miyamotosensei 2020年12月19日 

「整骨院でも交通事故の治療は受けられるのですか?」

患者様からそんなお問い合わせをいただくことがあります。

「はい、受けられますよ」と、もちろん答えます。

みやもと鍼灸整骨院では、自賠責保険が適用されるので窓口負担金0円で交通事故の治療が受けられます。
整形外科などの病院で検査を受けて、みやもと鍼灸整骨院のような接骨院で治療を受ける交通事故患者様は多くなっています。

その治療費ってどこから出るのでしょうか?
また、治療に通院する交通費などは自賠責保険でカバーしてもらえるのでしょうか?

治療費はどこまで?

まず『治療費』とは、交通事故で負ったケガを治療するために整骨院や病院などに通い、そこでかかった費用のことをいいます。
診察料、施術代、入院料、薬代、手術費などが治療費として認められます。
松葉杖や車いす、補聴器などの治療器具の代金も治療関係費として認められるケースも多くあります。

ただし以下の場合は、診療費の一部が事故との因果関係が認められず、一定額以上は請求できないこともあります。

  • 高額診療…被害者が高額な治療方法を選択する
  • 過剰診療…医師による医学的に不必要な診療
  • 濃厚診療…医師による必要以上のていねいな診療

入院になったら…

入院費の室料は、平均的な一般病室の室料が基準となります。
個室や特別室利用料金は原則として認められません。
ただし重症のために個室や特別室が必要な場合や、特別室しか空きがなかった場合は、その室料を請求することができます。

しかし…入院ってヒマですよね。。。

やることもないので、ぼーーーっとテレビを見る時間が長くなります。
でも病院ではテレビカードを買わないと見れません。。。

そんなテレビカードを買うお金も認められています。

『入院雑費』といって、入院中にかかる諸経費を請求できます。
領収書を残す必要はなく、1日1,400円~1,600円(裁判所基準)と決められています。(自賠責基準は1,100円。基準については“自賠責保険の示談金の3つの基準”をご確認ください)
ただしこの基準額を超える請求はできません。

付添看護料ってなに?

入院時や通院時に近親者が付き添いをしたことに対して支払われる補償です。

入院付添看護料

看護システムの整っている病院では、原則として付添看護料は認められません。
しかし傷害の程度や被害者の年齢など、医師が付添看護を指示した場合には、『入院付添看護料』を請求できます。
家族や近親者が付き添った場合は、1日につき5,000円~7,000円<裁判所基準>(自賠責基準は4,100円。基準については“自賠責保険の示談金の3つの基準”をご確認ください)。
家政婦などの職業付添人を雇った場合は実費全額が認められます。

通院付添看護料

交通事故にあった被害者が子供や高齢者、身体障害者で、一人では入院や通院が困難な場合に『通院付添看護料』を請求できます。
1日につき3,000円~4,000円<裁判所基準>(自賠責基準は2,050円)

交通費も自賠責保険で支払われます

交通事故の治療を受けるためには、入院するにも通院するにも病院や接骨院に行かないといけませんよね。
そのためのバスや電車などの公共交通機関を利用した交通費は全額請求できます。
ただし、タクシーの利用は交通機関の便、被害者の年齢や症状など、特別な事情がある場合に限られます。

自家用車を利用した場合は高速道路代や駐車場代、1キロ15円計算でのガソリン代が支払われます。

自賠責保険は、被害者1名につき120万円までと決められています。
それでも、治療に専念できるような環境を国が補償してくれているのです。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、ややこしい慰謝料などの保険もサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。

交通事故を起こしてしまったら、早朝7時から通院できる京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。
交通事故施術のページ

自賠責保険の示談金の3つの基準

miyamotosensei 2020年12月19日 

自賠責保険はどこまでカバーしてくれるの?

交通事故にあうと、身体的にも精神的にもかなりのストレスを受けることになります。
むちうちから来る頭痛などの身体的な症状にずっと悩まされたり、車に乗るだけで事故のことを思い出してしまうなどの心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症してしまうことも。

そんな後遺症を残さないために、病院で検査を受けて、みやもと鍼灸整骨院などの接骨院で治療を受ける。
これが交通事故治療の基本的な流れになっています。

でも、治療にかかる費用など、自賠責保険はどこまでカバーしてくれるのでしょうか?

  • 治療費は?
  • 通院にかかる交通費は?
  • 一人で病院に通院できない子供や障害者なら?
  • 仕事を休んだら?
  • 主婦だけど家事ができなくなったら?
  • 学生だけどアルバイトを休むことになったら?
  • 手のしびれがずっと残ってしまったら? などなど。

これらは自賠責保険でカバーしてもらえるのですが、その金額には3つの異なった考え方があります。

その示談金…ちょっと待って!

交通事故の治療が終わって、保険会社さんから示談金が提示されます。
「そんなにもらえるの!?」と、多くの方がそう思います。
自分の年収以上の金額なんてことも。
しかしそのときは驚いても、交通事故で受けた後遺症と照らし合わせると、高いような安いような…。

示談金が高いと感じるか安いと感じるかはその方次第です。
しかし交通事故で受けた後遺症を抱えながらこれから生活していくことを考えると、その示談金は妥当ではないのかも知れません。

保険会社さんから提示された金額で決定というわけではありません。

“提示された示談金 = 十分な賠償金”ではありません。

示談金の3つの基準

交通事故の示談とは、事故で生じた損害賠償額を話し合いで決めることなので、示談交渉をする前には、加害者も被害者も損害賠償額の目安を知っておく必要があります。

損害賠償額の目安としては以下の3つの基準があります。

自賠責保険基準

交通事故の被害者に、国が最低限の補償を提供する自賠責保険で定められている基準。
人身事故の被害者を広く救うことが目的のため、基準としてはもっとも低額です。

任意保険基準

任意保険会社が独自に定めている基準で、保険会社ごとに詳細は異なります。
自賠責保険でカバーできない損害を補います。
自賠責保険基準よりは高額ですが、裁判所基準よりは低額です。

裁判所基準

過去の裁判で認められた金額を基準化したもの。
通常は3つの基準の中で最も高額です。

多くの場合、裁判所が認めている基準よりも低い金額が提示されます。
必ずしも裁判を前提としているわけではないため、そのように提示されるようです。

交通事故の被害者は示談金額を交渉する権利があります。
この賠償金は適切でないと思ったら、交渉することができます。
あなたが加入している保険に弁護士費用特約がついているなら、弁護士先生に相談することもできます。
弁護士費用特約については“弁護士費用特約なら交通事故のやり取りがとても簡単”をタップして読んでみてくださいね。

京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くのみやもと鍼灸整骨院では、ややこしい慰謝料などの保険もサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。
交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。

みやもと鍼灸整骨院では早朝7時から交通事故治療が受けられます。

交通事故を起こしてしまったら、京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。
<交通事故施術のページはこちら>

交通事故による腰痛

miyamotosensei 2020年12月19日 

交通事故のケガといえば『むちうち』ですよね。
むちうちは主に、頭痛や吐き気、首や肩の重たさだるさ、めまい、しびれなどを引き起こす首の傷害です。

そんなむちうちと並ぶくらいに多いのが腰の痛みです。

交通事故のあとの腰痛の原因

交通事故のあとに起きる腰の痛みの原因には、主に以下の3つがあります。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰の筋肉の損傷
  • chance骨折(チャンスこっせつ)

腰椎椎間板ヘルニア

「ヘルニアってよく聞くけどなに?」
この業界に入って勉強するまで、僕はそう思っていました。

背骨は、ひとつひとつの骨が積み木のように上下に積まれています。
その骨と骨の間に『椎間板』という軟骨があります。
歩くときなどの衝撃を吸収してくれるクッションのような役割をしています。

椎間板ヘルニアとは、その椎間板が本来の位置から飛び出てしまうことをいいます。(ヘルニアとはラテン語で「突出・脱出」という意味)
飛び出した椎間板が神経を圧迫することで、痛みやしびれなどの症状が起こります。
背骨には足まで続く神経が通っているので、腰痛だけでなく、足のしびれや痛みを感じることもあります。

交通事故の場合、大きな衝撃によって椎間板ヘルニアになってしまうのです。
急性発症の多くは、ぎっくり腰のように身体を動かせないくらい痛みます。
しかし交通事故直後は気を張っていたり、むちうちになった首の方が気になって、腰の症状に気づかないこともあるようです。

椎間板ヘルニアは後遺症として残ってしまうことがあるため、交通事故のあとはなるべく早めに整形外科などの病院で検査を受けましょう。
ちなみに後遺障害等級では、12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」。
または14級9号の「局部に神経症状を残すもの」に該当することが多いようです。

腰の筋肉の損傷

びっくりしたとき、身体が勝手にビクってなりますよね。
自分の身を守ろうとして、筋肉が無意識に働く防御反応です。

それと同じで、交通事故などの大きな衝撃にあうと、全身の筋肉にギュッと力が入ります。
このとき急激に筋肉は縮みます。
これが筋肉の損傷につながったり、筋膜が破れてしまいます。

  • 「すじ違いになったみたい」
  • 「ぎっくり腰のように動けない」
  • 「腰を曲げると痛い」

交通事故のあと、そんなお話をよく耳にします。

こういった腰の筋肉の損傷は、むちうちと同様に病院のレントゲン検査にはうつりません。

「シップで様子をみましょう」
と言われることが多い。

でもこれでは痛みが長引いてしまいます。
交通事故前の生活を少しでも早く取り戻したいなら、みやもと鍼灸整骨院でおこなっているようなトリガーポイント整体治療がとても効果的です。

chance骨折

シートベルトの着用が義務化されて以降、交通事故による死傷者数は減少しています。

しかし、そのシートベルトでケガをすることもあるのです。

シートベルトには2点式と3点式の2種類があります。
2点式とは下腹の辺りを横切るベルト。
3点式とは現在普及しているタイプで、胸の前を通るように肩から腰にかけて斜めに固定するベルト。

交通事故にあったときに、ケガをする種類が違うとされています。
3点式シートベルトの場合、むちうちなどの首の損傷のリスクが高い。
2点式では、内臓の損傷や腰の骨の骨折が多くなります。

腰の痛みの治療法

この腰の骨の骨折をchance骨折といいます。
2点式のシートベルトを支点として、身体が過度に曲がることで腰の骨が骨折してしまうのです。
神経などの損傷は少ないのですが、骨折なので安静固定が必要になってきます。

交通事故によるケガは急激な衝撃によって起こります。
適切な治療をおこなわないと、腰の痛みや違和感が長引いて後遺症として残ってしまうことがあります。
どんな小さな交通事故であっても、みやもと鍼灸整骨院にご相談ください。

長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院では、腰痛にとても効果的なトリガーポイント整体治療が受けられます。

  • 本当の痛みの原因を治療する“トリガーポイント整体治療”
  • 早い回復にとても効果的な“鍼灸療法”
  • 交通事故によって失った身体のバランスを取り戻す“背骨・骨盤矯正”
  • 筋肉を交通事故前の状態に戻してくれる“複合高周波EMS”

などを使用して、交通事故前の生活を少しでも早く取り戻していただけるよう、全力で治療いたします。

交通事故の治療には自賠責保険が適用されるので、みやもと鍼灸整骨院なら自己負担金0円で治療が受けられます。

ややこしい慰謝料などの保険のこともサポートさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

みやもと鍼灸整骨院では早朝7時から交通事故治療が受けられます。

交通事故を起こしてしまったら、京都の長岡京市、向日市の西向日駅近くにあるみやもと鍼灸整骨院におまかせください。
あなたのお役にたちます。

<交通事故施術のページはこちら>

TOPへ