病院でアキレス腱断裂後の手術を受けたけど、大したリハビリもなく、ケガ前の生活に復帰できていないあなた。
リハビリ方法をインターネットで検索してみるものの、やり方がわからなかったり、正しくできているのか自信が持てないでいませんか?

こちらのアキレス腱を断裂された山川様は、京都の長岡京市にある【みやもと鍼灸整骨院】へ通院されて日常生活を取り戻しました。

『あっという間に治ってびっくりしました。右⾜が痛くなった根本的な理由もわかり両⾜が元気になりました』

アキレス腱断裂後のリハビリ患者様山川菜月様からのアンケート。『あっという間に治ってびっくりしました。右足が痛くなった根本的な理由もわかり両足が元気になりました』
山川菜月様 右腓骨筋腱炎 左足アキレス腱断裂後のリハビリ

京都みやもと鍼灸整骨院の理念

カメラに向かって笑顔のみやもと鍼灸整骨院院長と受付さん

みなさんはどうやって、なにをしてお⾦をいただいていますか︖︖

誰かになにかを教えたり、誰かの世話をしたり、物を販売したり作ったり、事務や受付をしたりといろいろですよね。

僕は鍼灸整⾻院で院長をしています。
鍼灸師や柔道整復師(接骨院や整骨院の先生)は医療系の国家資格にあたります。
なので医療従事者として医療の現場にいると⾃分では思っています。

僕なりにこだわりがあります。
鍼灸整⾻院の仕事ってどれだと思いますか︖

  • 患者様を時間の限り施術すること︖
  • 電気治療を⾏うこと︖
  • 患者様の話を聞くこと︖
  • 矯正治療を⾏うこと︖
  • 患者様に鍼をすること?

どれも違います。
鍼灸整⾻院の仕事はどれでもありません。

“〇〇をすること”

が鍼灸整骨院の仕事ではなくて、

“患者様が希望する治療のゴールを達成して、患者様の望む⽣活を送ってもらうこと”

こそが、鍼灸整骨院の仕事だと考えています。

患者様は、施術をしてもらうためにお⾦を払っているわけではありません。
痛みが治って⽇常⽣活を過ごしやすくするためにお⾦を払っているのではないでしょうか。

しかし、患者様の⾝体をすべて良くできるとは思っていません。
お医者様でもそれは不可能です。
それでも、患者様の望む⽣活に少しでも近づけてあげることが医療⼈の仕事だと思います。

生活を取り戻すための施術|京都みやもと鍼灸整骨院

みやもと鍼灸整骨院のリハビリ室に並べられた二つのダンベル

さきほどのアキレス腱を断裂した山川様は、病院で⼿術を受けました。
おかげで歩くことはできるようになりました。
しかし、リハビリは一切ありませんでした。
手術して終わりです。
好きだったバスケットボールを、再びできるようにはしてくれませんでした。

⼿術をすることは仕事の内だけど、失った⾜の機能を回復することは仕事外なのでしょうか︖

断裂したアキレス腱は左⾜でした。
歩き⽅もおかしくなりました。
左⾜をかばう歩き⽅が⾝についてしまい、右⾜への負担は蓄積されていきました。
おかげで右⾜が急激な痛みに襲われました。
歩くこともできないくらいです。

そしてみやもと鍼灸整骨院を受診されました。

検査を⾏うと、アキレス腱を断裂して⼿術をした左⾜は明らかに筋⼒が低下していました。
そんな左足をかばうように、右⾜の筋⾁はカチカチに固くなっていました。

みやもと鍼灸整骨院では右⾜への治療と同時に、断裂したアキレス腱へのリハビリメニューも作成しました。

アキレス腱断裂後のリハビリメニュー
アキレス腱を断裂した左足用のリハビリメニュー

もしもアキレス腱を断裂したけど、あなたが望むような生活が送れていないなら、京都の長岡京市、向日市のみやもと鍼灸整骨院におまかせください。

みやもと鍼灸整⾻院は、患者様の望む⽣活の質を向上させるために施術をしています。

急なケガや痛みには健康保険が使えます。
詳しくはこちらをタップしてご確認ください↓↓
料⾦表のページ